プロジェクトの概要

イメージ 効率的でしかも公共性への配慮のある市場システムを各国の文化的・歴史的論脈を踏まえながらどのようにして作り上げていくか。アダム・スミスのように人々の倫理性、現代的にはCSR(企業の社会的責任)などに期待することは一つの立場であり、ハイエクのように強力な政府によって市場の自生秩序的成長の環境を作ることも一つの選択である。今一つの方法は、個人の最適化行動と政府の公共性をつなぐものとして中間組織の役割に期待することである。この研究は、日本を含むアジアとアフリカを対象に中間組織の形成過程と経済的機能を理論的・実証的に分析することを目的とする。公式・非公式の中間組織が歴史的に形成される過程、市場の機能を補完し経済効率と経済社会の安定性に影響する過程を理論的・実証的に明らかにすることにより、望ましい市場システムを構築するための制度分析と長期的経済発展の理解に資することを意図している。


トピックス

2012年10月01日
Webサイトを立ち上げました。